前へ
次へ

パソコンを使用している場合の肩こり対策

普段仕事だけでなく勉強でもパソコンを利用している人はとても多いです。ですが肩こりは同じ姿勢やパソコンを長く見ることで起こる眼精疲労などが、肩こりが起こる原因となっています。そのため毎日パソコンを使用している人は、他の人に比べると肩への負担が多く、慢性的な肩のこりに悩む人も多くいます。同じ姿勢を続けることや画面を見続けることが原因となため、作業をしながらも対策をしっかりとりいれることがポイントになってきます。まず仕事をしているとなかなか長時間休憩をとる事は難しいですが、数分でもよいので定期的に休憩をとりいれるようにするのがポイントになります。パソコンの作業は仕事の状況によって多少難しい事がありますが、20分から30分ほど作業を続けたら一度ストレッチを挟むようにするのがおすすめです。軽く肩を動かしてもよいですし、肩を回したり屈伸したり首を回したりといった運動が効果的になります。

守山区 訪問介護

名東区 接骨院

徹底検査で痛みの正体を見抜きます

日本人の方向けに卵子提供を低価格で行っています

Page Top